違法ではございません

違法として、取り締まれる法律がない
普通のネットショップと同様に、商品を購入して頂き、それに対してキャッシュバックをするという行為に、違法と言えることはできません。 キャッシュバック率が高く設定できるのも、景表法で「もれなく型」に相当するので違法にはなりません。 しかし「グレー」な存在であることは確かで、下記の点において利用者様が損をする場合もありますので、お気を付けください。

クレジットカード会社にばれると、利用できなくなる場合もあります
これは法律では取り締まれませんが、カード業界は利用しないようにここでは呼びかけております。 クレジットカード現金化を利用したことを自ら申し上げた場合は、ここで本人のカードが使用できなくなることもあります。 ショップ様の明細や取引で、カード会社に分かることはございませんので、そういった面でお客様が仰らなければ問題はございません。

債務整理や自己破産の時に免責できない可能性もあります
ここで借入れが大きくなり、また整理する際にですが、これは結局はギャンブルと同様にすぐには免責できなくなることがあります。 正直にクレジットカード現金化で使用しましたと間違っても言わないでいましょう。 このように商品を購入したと言えば問題ないと思いますので、実際に商品が届きますので、捨てないで購入した証明にもなります。 そして、これは一定期間は捨ててしまわないように大切に保管しておいてください。

業者様は、一般の企業であるところが多いです

比較的に普通の企業が経営していることが多い
クレジットカードの現金化で、会社名をきちんと明確に表示してないのが多い理由は、「名前のある法人」であるからでもあります。 企業が利益追求の為に一部署として営業している場合が多く、所謂やくざや闇金が経営している訳ではないのです。

ショップ様は「問題を起こしたくない」というのが第一の優先になります。
結果的に騙したり、入金しなかったりという話がほとんどないのは、このようにクレジットカード現金化の業者としては、お客様に問題を起こさせて通報されるのを恐れてます。 外せないチェック点は通報といっても、そういった内容の法律ではなく、カード会社等になるのです。 しかし、これが確実にそれが無いようにどこもしっかりと細部まで丁重にお客様と最善を尽くして応対しています。

このページの先頭へ