利用できる方について

クレジットカードの所有者本人である
親族や他人のものを利用することはできませんから、クレジットカード現金化で、所有者本人である必要があります。 これは一般的なネットショップと同様で、他人のもので買い物ができないのと同じです。

本人確認が取れる身分証明がある
上記の理由でクレジットカード現金化を初めてする際には、必ず本人確認をここで求められます。 証明書は「免許証」や「健康保険証」や「公共料金の領収証」といったもので、ショップによって必要なものは異なってきます。 PDFで添付するか、FAXで送信するか、携帯で写真を撮って送るかも、こうして申込する業者様によって微妙に異なって参ります。

希望額の分は、ショッピング枠がある
クレジットカード現金化の利用額は、ここでは必ずショッピング枠で残っている金額内で、選択をお願いします。 もし、ここでの残高が不明な場合は、お持ちのクレジットカード会社様にお尋ねすれば良いでしょう。 ここで普通に教えて頂けますので、ここでご注意頂きたいのは、その際に「クレジットカード現金化」すると伝えないようにしてください。 万が一、ここでその旨を伝えてしまうとお客様ご自身が損をしてしまうような可能性がありますので、それを踏まえてくれぐれもポイントとしてこの点をチェックをして確認を怠らずお気を付けて下さい。

利用できない例

未成年である
20歳未満の方は、基本的にはご利用頂けません。 クレジットカード現金化のサイトには記載されてませんが、一般的なことである為にほとんどが省かれていると思われます。 念の為に「お問い合わせ」ページから年齢を申告してから、できるかお尋ねください。

クレジットカードの種類が、ショップで取り扱ってない
「VISA」「MASTER」が提携されているものであれば、間違いなく現金化できます。 それ以外については、クレジットカード現金化の業者様でお尋ねください。

居住地がない
商品を購入頂いたキャッシュバックというような意味合いになりますので、まずは必ず商品を受け取れる居住地がないと利用できませんでした。 これは現状では商品を確実に受けとってもらうという事は、住所が存在するかの確認の意味もあります。 やはり、これはクレジットカード現金化を合法性にする意味でもあります。

このページの先頭へ